ペーター・レーゼル ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第1番 Op.15

 

 ペーター・レーゼルのベートーヴェン、ピアノ協奏曲全集にはクラウス・ペーター・フロール、ベルリン交響楽団とのもの、ヘルムート・ブラニー、ドレースデン国立歌劇場室内管弦楽団とのものがある。両者を聴き比べて見たい。

 フロールとの演奏には、はつらつさ、抒情性が素晴らしいバランスをとっている。フロール指揮のベルリン交響楽団もしっかりまとめている。ブラニ―との演奏を聴くと、ゆったりとした中に若きベートーヴェンがめざしたものを描きだしている。ピアノの音色も豊かになり、味わいあるものになっている。第1楽章のカデンツァも変っていない。第2楽章では深々とした音色でじっくり歌い上げて行く。第3楽章は自然な流れの中に、身を任せている。

 これからが楽しみである。

 

 

 

クリスティアン・ツィマーマン ショパン ピアノ協奏曲 第2番 Op.21

 

 ツィマーマンの弾き振りによるショパン、ピアノ協奏曲、第2番を聴く。ここでも、ツィマーマンはたっぷりとオーケストラを歌わせ、オーケストレーションにも手を入れている。この作品は1830年3月17日、ワルシャワでショパン自身のピアノで初演、コンサートも完売となったほどの盛況だった。

 第1楽章。オーケストラの雄弁さ、ピアノの素晴らしさ。それらが一体となって、ショパンの音楽の本質を伝える。全体には初恋の人、コンスタンティア・グラドコフスカへの思いに溢れている。他にはワルツ、Op.70-3にその思いが溢れている。しかし、その思いが伝わったとは言えない。

 第2楽章。コンスタンティアへの思いのたけを表現した演奏で、ピアノとオーケストラが一体となっている。言葉一つ交わせなかったとはいえ、ショパンの思いが満ち溢れている。ショパンは言葉を交わすには不器用だったかもしれない。

長きにわたる内縁関係にあった作家、ジョルジュ・サンドですら、ショパンは理解できない存在だっただろうか。

 第3楽章。ポーランドの民族舞曲、マズルカに基づくロンドで、ピアノの雄弁さが際立つ。ショパンは生涯、マズルカを書き続けた。死の直前にも2曲のマズルカを残している。パリへ移住してもポーランドと共にあったショパンの心の歌だった。華麗なロンドであっても、ポーランドの大地が香っている。オーケストラも雄弁である。

 ツィマーマンは、ポーランド人の心と言うべくショパンの協奏曲の本質を伝えるべく、自らオーケストラを設立して弾き振りでの演奏に挑んだ。それがかえって、ショパンの心、本質を伝えることに成功した。オーケストラを率いて来日して欲しかったとはいえ、どうだっただろうか。

 

 

クリスティアン・ツィメルマン ショパン ピアノ協奏曲 第1番 Op.11

 クリスティアン・ツィメルマンはアルトゥール・ルービンシュタインから続くショパンの国、ポーランドが生んだ素晴らしいピアニストであり、ショパン演奏も定評がある。ショパンの協奏曲はカルロ・マリア・ジュリーニなどとの共演があっても、大きな不満を抱えていた。実際、ショパンの協奏曲のオーケストレーションは欠陥があって、オーケストラを殺している面もある。ツィメルマンはショパンのオーケストレーションの見直しによって、今までの響きにない新たな光を当て、協奏曲としての魅力を再評価せんとしたに違いない。

 そこで、ショパン没後150年の1999年にちなみ、銀行をスポンサーに、ポーランドの若手音楽家からなるポーランド祝祭管弦楽団を結成して、ショパンの協奏曲再評価につなげんとして、演奏旅行を行った。しかし、来日がなかったことは残念ではある。

 ツィメルマンの弾き振りが見事で、第1楽章からショパンの音楽に引きこまれてしまう。オーケストラが雄弁、かつ素晴らしいまとまりを見せ、ショパンが引き出したかった歌心に満ち溢れている。ピアノにもショパンの音楽の心髄が満ち溢れ、美しくも鋭い響き、何かを訴えんとするものが伝わって来る。コーダの余韻、最後の和音がずっしりした重みで響き、充実感がある。

 第2楽章、ロマンスはオーケストラがしっとり、かつ深みのある響きで歌い出す。それがピアノにも影響して、深みに満ちた素晴らしい歌心、心に響く音楽となっている。オーケストラ、ピアノと共にショパンが描きだした世界を見事に表現している。

 第3楽章、オーケストラの重厚な響きからピアノがロンド主題を歌い出す。ツィメルマンのピアノが雄弁、かつ素晴らしく展開する。オーケストラが充実した響きを見せる。それがピアノと見事に調和している。抒情性も十分で、ツィメルマンがショパンの協奏曲に寄せる思いが聴こえる。ここでもオーケストレーションの見直しがある。

それによって、ショパンの音楽の魅力がかえって引き出され、ピアノの持ち味が倍増している。

 ツィメルマンがショパンの音楽の新たな魅力を引き出し、再発見した演奏として、今後長く聴き継がれるものになるだろう。

 

 

カール・ベーム モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 K.364

 カール・ベームのモーツァルトの貴重な遺産の一つ、協奏交響曲、K.364。パリで母を失ったモーツァルトは、父レオポルトの説得によりザルツブルクに帰った。パリでの成果の一つとしてザルツブルクで書き上げたこの作品は、20代のモーツァルトの自信が伺える。バロック期の合奏協奏曲様式を引き継いだ協奏交響曲は、近代協奏曲への発展過程とみるべきだろう。

 ヴァイオリンは当時のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサート・マスター、トーマス・ブランディスで先頃亡くなったという。ヴィオラは首席のジュスト・カッポーネで、当時のベルリン・フィルハーモニーがヘルベルト・フォン・カラヤンのもと、優れた奏者を集めていたかがわかる。

 第1楽章は伸びやか、かつ歌心に溢れ、オーケストラ、ソリストが一体となってモーツァルトの音楽を奏でている。第2楽章は沈痛な歌が響く。母を失った悲しみが伝わる。モーツァルトの歌の世界の深さ、広がりを感じる。第3楽章はきびきびした動き、ソリストたちの歌が心地よく響く。モーツァルトらしい明るさ、ユーモアに満ちている。

 その後、モーツァルトはミュンヒェンで、オペラ「イドメネオ」を作曲、上演後、ザルツブルク大司教、ヒェロニュムス・フォン・コロレド侯爵と大喧嘩の末、ヴィーンへ移り住むこととなる。この作品での試みがヴィーンでのピアノ協奏曲創作につながっていることを思うと、一つの集大成と言えよう。

カール・ベーム モーツァルト オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための協奏交響曲 K.297b

 日本ではヘルベルト・フォン・カラヤンと人気を二分したカール・ベームは、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とモーツァルト交響曲全集、シューベルト交響曲全集をレコーディングしている。このオーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットのための協奏交響曲、K.297bは、モーツァルトが母と共にマンハイム・パリへの就職旅行の際、パリで作曲したもので、筆写譜で辛うじて残った。しかし、これは偽作という説もある。真偽が明らかになる可能性もある。コンセール・スピリチュエルの依頼で作曲した大作もあったものの、これは楽譜すら残らなかったという。いずれ、この筆写譜が出てくる可能性もあるだろう。

 この旅行、ミュンヒェンでは席がないという理由で就職口は見つからない、マンハイムではカペルマイスターの職は得られなかった。その上、この地で出会ったファゴット奏者フリードリン・ヴェーバーの娘、アロイジアに恋したものの失恋する。マンハイムに長逗留するヴォルフガングにしびれを切らした父レオポルトは、パリ行きを勧めた。パリに着いても貴族たちの館を回れどあてはなし、ついに母が亡くなる。皮肉にも母の亡くなった日、交響曲第31番、K.297「パリ」が大成功を収めることとなった。

 さて、協奏交響曲はバロック時代の合奏協奏曲の形態を基とし、パリで流行した。ベートーヴェンはパリ移住を考え、協奏交響曲様式を踏まえたピアノ、ヴァイオリン、チェロのための3重協奏曲、Op.56を作曲している。独奏楽器群、オーケストラにより、古典的な協奏曲形式である。

 第1楽章。荘重かつ、堂々とした第1主題、じっくり歌う第2主題。オーケストラによる提示の後、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットが加わり、音楽を展開する。この時期のベルリン・フィルの首席奏者カール・シュタインス、カール・ライスター、ゲルト・ザイフェルト、ギュンター・ピースクが素晴らしい音楽を聴かせる。コーダ前のカデンツァではアンサンブルも見事である。第2楽章。歌に満ち溢れた世界が広がっていく。独奏楽器群、オーケストラが見事に調和している。味わい深い演奏である。第3楽章。主題と10の変奏。まず、独奏楽器群が主題を奏し、オーケストラが引き継ぐ。変奏では独奏楽器群、オーケストラが音楽を展開してゆく。自然な音楽の流れが心地よい。アレグロのコーダでも自然に流れ、堂々と締めくくる。

 ベームの数多くの名演中、この演奏も長く聴き継がれていくだろう。

 

アンドレアス・シュタイアー  バッハ、クラヴィーア協奏曲 その2

 アンドレアス・シュタイアーのバッハ、クラヴィーア協奏曲。今回はBWV1054-1057の4曲。まず、BWV1054。ヴァイオリン協奏曲、BWV1042の編曲。第1楽章はクラヴィーアを生かしつつ原曲に忠実である。第120小節から第122小節のアダージョの部分には、近代の協奏曲でのカデンツァへの道を暗示している。第2楽章。低弦の旋律がじっくり歌われ、クラヴィーアが引き継いでいく。クラヴィーアもじっくり、深々と歌う。第3楽章。きびきびとした動きが素晴らしい。

 BWV1055。第1楽章。流れるような主題、クラヴィーアの動きも見事。第2楽章。深みに満ちたシシリアーノ。クラヴィーアの動きが素晴らしい。歌心に満ちている。第3楽章。オーケストラ、クラヴィーアが一体となり、見事な調和を見せながら、クラヴィーアの技巧を生かしている。

 BWV1056。第1楽章。オーケストラ、クラヴィーアが対等に主張し合っている。第2楽章。クラヴィーアのモノローグだろう。歌心も十分で、たっぷりした情感が伝わる。第3楽章。オーケストラ、クラヴィーアは対等になっている。クラヴィーアの技巧も十分に生きている。

 BWV1057。ブランデンブルク協奏曲第4番、BWV1049の編曲。ここではリコーダー2本が加わる。第1楽章。クラヴィーアとの絡み合いが見事で、クラヴィーアの技巧も生きている。第2楽章。リコーダーとクラヴィーアが深々とした、見事な歌を聴かせる。聴きごたえ十分である。第3楽章。フーガによるフィナーレで、クラヴィーア、オーケストラ、リコーダーが整然と、かつ見事な合奏で全曲を締めくくっていく。クラヴィーアの技巧も生きている。

 この全集は2015年録音で、フライブルク・バロック管弦楽団、リコーダーのイザベル・レーマン、マルグレート・ゲルナーも見事なまとまりを見せた演奏でシュタイアーを支えている。バッハ、クラヴィーア協奏曲全集の一つの規範となる演奏としても推薦したい。

アンドレアス・シュタイアーのバッハ、クラヴィーア協奏曲 その1

 ピアノフォルテの演奏でも注目を集めるアンドレアス・シュタイアーのバッハ、クラヴィーア協奏曲全7曲(harmonia mundi HMC 902181,82、フライブルク・バロック管弦楽団)からBWV1052,1053,1058の3曲。

 BWV1052。第1楽章の推進力が見事。第2楽章はじっくり歌いあげていく。第3楽章も見事な推進力を見せる。この協奏曲では第2楽章では低弦とクラヴィーアとの対話が聴かれる。第3楽章でもオーケストラ、クラヴィーアの掛け合いが見られる上、第272小節ではソリストの腕の見せ所のカデンツァの箇所があることは近代のピアノ協奏曲への道を暗示している。

 BWV1053。第1楽章ではヴァイオリンの旋律をクラヴィーアが支える箇所がある。明るさ、ユーモアに溢れ、歌も十分。第2楽章、シシリアーノ。オーケストラ、クラヴィーアとの対話が見事。深々と歌いあげていく。第3楽章。クラヴィーアが技巧的に動きながらも、オーケストラとの調和も考えられている。明るさ、ユーモアたっぷりで歌に満ちている。

 BWV1058。これはヴァイオリン協奏曲第1番の編曲である。きびきびした第1楽章。推進力が見事で、一気に駆け抜ける。第2楽章。たっぷりした情感から聴こえてくる歌が素晴らしい。しみじみと歌う。第3楽章。こちらも見事な推進力で、クラヴィーアの技巧が生きている。カデンツァが聴かれ、しっかりと締めくくる。

 シュタイアーはオーケストラをまとめつつ、見事な演奏を聴かせる。フライブルク・バロック管弦楽団もシュタイアーの意図に見事にこたえている。

クレーメル、アーノンクール ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲 Op.61

 NHKラジオ第1「音楽の泉」でギドン・クレーメル、ニコラウス・アーノンクール、ヨーロッパ室内管弦楽団によるベートーヴェン、ヴァイオリン協奏曲、Op.61、ニ長調を聴く。

 この演奏では第1楽章、カデンツァではこの協奏曲、ピアノ版でピアノとティンパニよる掛け合いがある。ヴァイオリンでこの試みを行うとはアーノンクールならではだろう。第3楽章でもピアノとの掛け合いが出てきて、興味深かった。この試みは、ピアノ協奏曲第5番、Op.73、変ホ長調「皇帝」で出てくる。これはその先駆けではないだろうか。

 アーノンクールは、ヴィーン・フィルハーモニーのニューイヤー・コンサートでもヨハン・シュトラウス1世「ラデツキー行進曲」の原曲版を復活させたり、ブラームス、ハンガリー舞曲を取り上げて、話題になっている。音楽学的な考察を加えた試みも一つの提言にもなったりする。その意味でも、アーノンクールの存在は大きいだろう。