ペーター・レーゼル ベートーヴェン ピアノ協奏曲 第1番 Op.15

 ペーター・レーゼルのベートーヴェン、ピアノ協奏曲全集にはクラウス・ペーター・フロール、ベルリン交響楽団とのもの、ヘルムート・ブラニー、ドレースデン国立歌劇場室内管弦楽団とのものがある。両者を聴き比べて見たい。

 フロールとの演奏には、はつらつさ、抒情性が素晴らしいバランスをとっている。フロール指揮のベルリン交響楽団もしっかりまとめている。ブラニ―との演奏を聴くと、ゆったりとした中に若きベートーヴェンがめざしたものを描きだしている。ピアノの音色も豊かになり、味わいあるものになっている。第1楽章のカデンツァも変っていない。第2楽章では深々とした音色でじっくり歌い上げて行く。第3楽章は自然な流れの中に、身を任せている。

 これからが楽しみである。