バッハ・コレギウム・ジャパン 第142回定期演奏会 マタイ受難曲 BWV244

 バッハ・コレギウム・ジャパン、2021年のマタイ受難曲は新世代の音楽家、鈴木優人指揮、日本人ソリストによる演奏で、昨年のキャスティングとほぼ同じだったとはいえ、名演だった。(2日 サントリーホール)

 鈴木優人が初めてマタイを取り上げた時がラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンでのコンサートだった。既に、自身のマタイ像を築き上げた鈴木優人が今回のコンサートでさらに深化したマタイを私たちの前に示した。第1曲「十字架の悲劇」からイエスが弟子たちを集め、最後となる過越の食事をする際、弟子の一人、イスカリオテのユダの裏切りを告げる聖書のドラマ、オリーヴ山での祈り、ユダヤ教大祭司カイアファたちに捕えられ、最高法院での死刑判決、ローマ総督ポンティウス・ピラトゥスの法廷で死刑が確定、十字架に付けられ、死を迎え、埋葬に至る悲劇を伝える卓越した演奏だった。最後の別れの合唱は感動的に響く。

 エファンゲリストの櫻田亮、イエスの加耒徹をはじめ、ソプラノの森麻季、松井亜希、カウンターテノールの久保法之、青木洋也、テノールの谷口洋介、バスの加藤博隆の真摯な歌唱が光る。鈴木優人のマタイ受難曲のCD発売も実現してほしい。