アレクサンダー・ウルマン シューマン パピヨン Op.2

 1991年、ロンドン生まれの若手ピアニスト、アレクサンダー・ウルマンによるシューマン、パピヨン、Op.2。

イントロダクションを聴くと、幻想豊かなシューマンの音楽の世界が広がっていく。

 これはジャン・パウル「生意気盛り」に基づくとされる。カーナヴァルの仮面舞踏会。双子の兄弟ヴァルト、ヴルトがヴィーナという娘に恋をし、ヴァルトがヴィーナを見事に射止め、舞踏会も終わりを告げる。第12曲を聴くと、舞踏会のフィナーレというよりも夜明けと共に全てが終わる。

 ウルマンの演奏には小説の登場人物の性格描写はさることながら、物語に捉われず、音楽中心足ることを心がけている。それでも、ジャン・パウル「生意気盛り」は必読である。音色も豊かで、シューマンの音楽の本質、ファンタジーが伝わってくる。

 2017年、ロンドン、ウィグモア・ホールのリサイタルのライヴ。