バッハ・コレギウム・ジャパン 第133回定期演奏会


 バッハ・コレギウム・ジャパン第133回定期演奏会は鈴木優人が指揮を取り、カンタータBWV147「心と口と

行いと生涯を持て」、BWV37「信じて洗礼を受ける者は」、マニフィカト BWV243、鈴木雅明のオルガンでバッハ、前奏曲、トリオとフーガ、BWV545-1、529-2、545-2、ブクステフーデ、第1旋法によるマニフィカト、BWV203によるプログラムであった。今回はイエスを身ごもったマリアが、バプテスマのヨハネを身ごもったエリザベツを訪れたことにちなむ構成であった。

 鈴木雅明による見事な演奏の後、カンタータBWV147のスケールの大きさには感心した。きびきびした音楽作りとはいえ、バッハの音楽を見事に踏まえている。BWV37も手堅くまとめていた。マニフィカトも壮麗、かつ深みにも欠けていない。

 ソリストでは櫻田亮、加耒徹の素晴らしい歌唱が光った。松井亜希、クリステン・ウィットマー、テリー・ウェイも好演。次回は狩りがテーマとなり、鈴木雅明の指揮となる。楽しみである。