歌舞伎座3月公演 夜の部

 歌舞伎座3月公演、夜の部は「盛綱陣屋」「雷船頭」「弁天娘女男白波」の3本だった。

 「盛綱陣屋」は大阪の陣を基にしたもの。片岡仁左衛門が光る。佐々木盛綱の苦悩を見事に演じた。片岡秀太郎、片岡孝太郎、中村雀右衛門の演技も悲劇に深みを与えた。中村歌六の威厳ある北条時政も素晴らしい。中でも市川左団次演ずる和田兵衛秀盛は渋みのある演技だった。

 「雷船頭」は松本幸四郎、中村鷹之資がユーモラスな中に味わい深い江戸情緒たっぷりの演技を見せた。雷が客として吉原へ行くとは江戸の粋だろう。

 「弁天娘女男白波」は松本白鷗、松本幸四郎、市川猿之助、中村亀鶴、市川笑也、嵐橘三郎、大谷友右衛門という豪華な顔ぶれが見所だった。「白波五人男」がそろいの小袖、傘を手に名乗りを上げる場面は壮観であった 。

 4月も見所満載の演目が並ぶ。楽しみである。