東京二期会 ヴァーグナー「ローエングリン」

 東京二期会、ヴァーグナー「ローエングリン」は福井敬がタイトルロール、エルザが林正子、フリードリッヒ・フォン・テルラムントには大沼徹、その妻オルトルートには中村真紀、国王ハインリッヒ一世が小鉄和弘、伝令が友清崇、ブラバントの貴族は吉田連、鹿野浩史、勝村大城、清水宏樹によるキャストであった。

 小鉄和弘、友清崇の重厚な歌唱、大沼徹、中村真紀の悪役ならではの性格描写の素晴らしさ。その上に福井敬、林正子の清純、かつ高貴な歌唱が光った。中村は古代ゲルマンの神々を捨てて、キリスト教に改宗したドイツ人たちを許せない心情が見事だった。

 何よりも準・メルクルが東京都交響楽団から素晴らしいヴァーグナーの音を作り出し、オペラ全体を盛り上げたことが大きい。また、冒頭にヴァーグナーのよき後援者、ルートヴィッヒ2世の言葉「すべては謎」、その肖像画が出て来たことがオペラ全体のライトモティーフとなった。

 

 1849年、ヴァーグナーは革命に加わって亡命、「ニーベルンゲンの指環」の筆を進める。

「トリスタンとイゾルデ」、「ニュールンベルクのマイスタージンガー」を経て全4部作を完成、「パルジファル」で締めくくった。その意味でも重要な作品たる意味づけは大きいだろう。