マルティン・フレーミッヒ ドレースデン十字架合唱団 ドレースデン・フィルハーモニー バッハ クリスマス・オラトリオ BWV248 その1

 バッハのクリスマスものの作品ではクリスマス・オラトリオ、BWV248、カンタータもいくつかある。ただ、クリスマス・オラトリオはヘンデル「メサイア」HWV56ほどではないことが残念である。

 マルティン・フレーミッヒがドレースデン十字架合唱団、ドレースデン・フィルハーモニーを指揮した演奏は旧東ドイツ時代の録音とはいえ、ドイツのクリスマスに相応しい、素朴さが聴きものである。

 第1部から第3部はイエス・キリスト生誕を力強く、歓びに満ちた歌声、オーケストラで歌い上げていく。キリスト生誕を告げるシンフォニアの静けさに秘めた歓び、そこにはドイツのクリスマスの本質がある。ペーター・シュライヤー、テオ・アダムは無論のこと、アンネリース・ブルマイスター、アリーン・オジェーの心温まる歌唱が素晴らしい。ドイツのクリスマス風景が身近に迫って来る。

 ドレースデン十字架合唱団も素晴らしい。シュライヤー、アダムがこの合唱団で育ったことは重要だろう。ライプツィッヒのトーマス教会合唱団でも育った歌い手たちにも、今日のオペラ、ドイツ・リート界で活躍する人材がいるだろう。