歌舞伎座9月公演 秀山祭 夜の部

 歌舞伎座9月公演、秀山祭、夜の部は「ひらがな盛衰記」より「逆櫓」、「再桜偶清水」といった重厚な内容の2本を取り上げた。

 「逆櫓」は子どもの取り違えから生じた悲劇で、木曽義仲の遺臣、樋口次郎兼光が松右衛門と名を改め、義仲の忘れ形見となった駒若丸を槌松として育てている。しかし、義仲の遺臣であることがわかり、潔く捕えられることになる。中村吉右衛門、中村東蔵、中村歌六、中村雀右衛門が光った。最後に登場する市川左団次の風格ある演技が全体を締めくくっていく。浄瑠璃の竹本葵太夫、竹本翔太夫、竹本愛太夫がドラマ全体を盛り立てた。

 「再桜偶清水」は美貌の桜姫をめぐる僧政玄、千葉清玄、荏柄平太胤長の悪巧みが絡み合い、僧政玄の桜姫への思いは怨霊となって付きまとう。中村雀右衛門、中村魁春、中村錦之助が光る。殊に、市川染五郎の清玄は迫真の演技で、一幕目の立三味線による幕切れが素晴らしい。また、大谷桂三の悪役ぶりも見事だった。これは「偶曽我中村」に基づく中村吉右衛門による復活劇で、大阪、中座での初演を経て、香川県琴平市の「四国こんぴら歌舞伎」での2度の上演の後、歌舞伎座初演となった。吉右衛門の功績の一つだろう。「幡髄長兵衛」での劇中劇「公平法問諍」もぜひ、上演してほしい一つであることを書き添えておく。

 今後、今まで上演されないまま残っているものをどしどし歌舞伎座で上演してほしい。国立劇場頼みから脱皮してもらえないだろうか。