歌舞伎座7月公演 昼の部

 歌舞伎座7月公演、昼の部は「矢の根」、「加賀鳶」、「連獅子」の3本で上演バランスの良い内容だった。

 「矢の根」は曽我兄弟の仇討を基にした内容で、市川右団次の曽我五郎が光った。襲名による新境地を切り開いたといえよう。市川笑也の兄、曽我十郎が見事な彩を添えた。

 「加賀鳶」は市川海老蔵が頭、天神町梅吉、目開きの悪徳按摩師、竹垣道玄の2役を見事に演じた。道玄の悪辣ぶりは圧巻だった。今回は市川右之助が市川斎入を襲名したこともあり、襲名披露も兼ねた公演となったためか、道玄と内縁の中にあった女按摩師、お兼を海老蔵に負けず劣らず見事に演じていた。道玄の悪事を見抜いた加賀鳶の一人、日蔭町松蔵を演じた市川中車も海老蔵と丁々発止のやり取りを繰り広げていった。

 「連獅子」は市川海老蔵、坂東巳之助の踊りの見事さ、市川男女蔵、片岡市蔵のコミカルな演技が絡み合い、締めくくりに相応しい演目であった。

 「夜の部」では「駄右衛門花御所異聞」が歌舞伎座初演目として注目される。市川海老蔵親子の宙乗りが話題となるだけに大いに期待しよう。