歌舞伎座5月公演 団菊祭 夜の部

 5代目尾上菊五郎、9代目市川団十郎記念歌舞伎座5月公演、団菊祭、夜の部は7代目尾上梅幸追善23年、17代目市村羽左衛門追善17年、坂東楽善、坂東彦三郎、坂東亀蔵、坂東亀三郎襲名記念を兼ねた演目が並んだ。

 「寿曽我対面」は襲名披露演目に相応しい内容で、尾上菊五郎、中村時蔵が華を添えた。最後に襲名口上を行い、坂東楽善・彦三郎一家の今後の活躍に期待する。

 「伽羅先代萩」は奥殿、床下、問注所対決、門柱所詰所刃傷の4場面を取り上げた上演で、尾上菊之助の政岡が絶品だった。若君を守らんとする忠義、我が子千松への愛情が滲み出ていた。存在感十分の中村魁春、畳みかける迫力を見せた中村梅玉、松島市蔵、歌舞伎座では襲名後初めてとなった市川右団次、大谷友右衛門の素晴らしい演技をはじめ、悪役二木弾正を見事に演じた市川海老蔵も特筆すべきである。

 「弥生の花浅草祭」は襲名披露に相応しい、華やかな演目で、坂東亀蔵、尾上松緑の息の合った見事な踊り、演技が夜の部を見事に締めくくった。

 歌舞伎史に名を残す2人の名優を記念する団菊祭が、昭和・平成の歌舞伎で記念すべき2人の名優の記念、襲名披露という素晴らしい内容。これが2017年の団菊祭であった。