歌舞伎座4月公演 夜の部

 東西花形役者の共演による歌舞伎座4月公演、夜の部は「傾城反魂香」より「土佐将監寝閑居の場」、「桂川連裡柵」より「帯屋」、「奴道成寺」の3本であった。

 「傾城反魂香」は土佐派の絵師、土佐将監と土佐の名を得んとする又平夫妻とのやり取りの中に夫婦愛を描きだした名品である。そこに近江の国、信楽に虎が現れて苦しんでいる農民を弟子の修理之助が助ける話、佐々木義賢の娘が誘拐されたことを絡ませ、内容の深いものにした。中村吉右衛門が吃音の絵師を見事に演じた。それを助ける妻を演じた尾上菊之助、将監夫妻を演じた中村歌六、中村東蔵、修理之助を演じた中村錦之助が光った。

 「桂川連裡柵」は宝暦年間に起った心中事件を基にしたもの。坂田藤十郎が若い娘と深い仲になって苦悩する商家の主人、中村扇雀が夫を支える妻を見事に演じ、性格描写にたけた上村吉弥、市川染五郎の欲深な親子、丁稚と若い娘の二役を演じた中村壱太郎が光る。中村寿治郎の隠居も素晴らしい味を出した。

 「奴道成寺」は市川猿之助ならではの舞台だった。また、大谷桂三の子息、大谷龍生の初舞台と相成って、素晴らしい舞台となった。

 いよいよ5月は団菊祭。楽しみになって来た。