バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ マタイ受難曲 BWV.244

 2017年のキリスト受難の金曜日に合わせたバッハ・コレギウム・ジャパン、バッハ「マタイ受難曲」BWV.244は、ほぼ満員の聴衆を集めた。(14日 東京オペラシティコンサートホール)

 ここ最近、鈴木雅明のテンポがゆったりしている。アリアでのテンポはきびきびしているものの、合唱部分がゆったり聴かせることによって、かえって感銘深いものを与えている。

 ベンヤミン・ブルンズのエヴァンゲリスト、クリスティアンー・イムラーのイエスの素晴らしさはむろんのこと、ハンナ・モリソン、ロビン・ブレイズの感銘的な歌唱が聴きものだった。松井亜希、櫻田亮、加未徹、青木洋也も素晴らしい歌唱を聴かせた。コラールを歌うソプラノ・リピエーノでは青木、モリソンが担当、しっかりした歌唱で支えた。

 オーケストラでは若松夏美、高田あずみ、菅きよみ、前田りり子、三宮正満といった名手たちがソロをはじめ、しっかり見せ場を作った。

 2018年2月11日、「ヨハネ受難曲」では鈴木優人がどんな演奏を聴かせるだろうか。楽しみである。